日本語は腹立たしい(infuriating)

面白い記事を見つけました。いくらか古いものですが、日本語ネイティブではない人が日本語に対して感じる苛立ちが伝わってきて、にやにやしてしまいます。

Linguistic Problems with Translation of Japanese Patents to English
by Steve Vlasta Vitek
https://translationjournal.net/journal/40patents.htm
© Copyright Translation Journal and the Author 2007
Last updated on: 07/18/2018 21:54:02

ほんの一部だけを引用すると、例えば:

“The Incredibly Infuriating ‘Nihongo no Bunpo’ (Japanese Grammar) … It is up to the reader to determine where a word begins or ends in the text—there are no spaces between words in written text, and in fact, it is not clear what exactly represents one word in Japanese, or whether one word is in fact a legitimate structural unit in Japanese.”
日本語ネイティブではない(または西洋ネイティブの)人には、このように見えるのですね。

“Another annoying characteristic of Japanese grammar from the viewpoint of a native speaker of a European language, especially in patents and technical and medical articles, is the tendency of the language to string together several kanji characters to create new technical terms in Japanese”
「を」や「する」を抜いた漢字連結用語が難しいようです。

“I suppose every Japanese reader can imagine what a ‘kamaboko’ pattern will probably look like, but what image will the term ‘boiled fish paste pattern’ evoke in an American reader? (Kamaboko means boiled fish paste—I eat it a few times a month, but my guess is that most of my customers probably have no idea what it is).”
「かまぼこ型」は、英語に訳すとこうなるかもしれませんが、たしかに分かってもらえそうもありませんね。形のことだけを言っているなら、私だったらarch shaped patternあたりにするかもしれません。

著者は特許翻訳者で、まじめな話では、日本人が日英翻訳をした特許翻訳について、「専門用語は正しいが英語があまりにもひどくて、結局原文(日本語文)を少なくとも2回は読まないと、英訳が何を言っているのか分からない」と書いています。気をつけなければ。

カタカナで書かれた外来語もかなりやっかいなようです。

そういえば、こんな落語を思い出しました。
桂三輝(かつらサンシャイン:Sunshine Katsura)の『ハンドソープ』
https://www.youtube.com/watch?v=47W6wbgfcXQ

◆◆◆

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です