学習記録 3/16-3/22

<今週する予定だったこと>
・化学 TC: 0092-

<今週したこと>
・化学 TC: 0092-0098

<物理・化学メガジグゾーパズルに取り組み中>
・水分子が分極しているのは、直線ではなくて、角度がついて結合しているからだった。水分子が直線型だったら、HとOの間で引き合うクーロン力のベクトルが一直線上にあって、打ち消し合うので、電気的に中性になる。でも、水分子はHとOまたOとHの間に角度があるために、それぞれが引き合うベクトルの合力のベクトルが発生して、分極することになる。
・グラファイトでは電気がある方向に流れやすく、別な方法へは流れにくい。それは、グラファイトのレイヤーの面内の結合はシグマ結合で電子をしっかりとらえているけれども、その面から上下に垂直にあるπ結合では電子が自由に動けるから。

<来週すること>
・化学 TC: 0099-

photon
  • photon

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です