資料・論文

特許翻訳実践的学習で読んだ資料や論文からいくつか

板谷正紀 眼底用光干渉断層計の進歩、Medical Photonics No.7, 58-64(2011)

PMDA 医薬品医療機器総合機構 ARを用いた手術ナビゲーションシステムに関するガイドライン

Japan MDC 医療機器クラス分類

石橋一哉 MRI対応ペースメーカの現状と問題点、京府医大誌122(12) 815~824,2013

山川誠 超音波エラストグラフィの原理、バイオメカニズム学会誌,Vol. 40,No.2(2016)

How does AFM work? , Nanosurf AG, Switzerland

光ファイバ/ケーブルの基礎知識, Optigate, 住友電工

Principles of Birefringence, The Source for Microscopy Education, Nikon

2021.01

C. Jayasinghe,T. Amstutz, M.J. Schulz, V. Shanov Improved Processing of Carbon Nanotube Yarn, Journal of Nanomaterials , 2013, Article ID 309617, https://doi.org/10.1155/2013/309617

Derek K. Toomre et al., Introduction to Spinning Disk Confocal Microscopy, 2020 Carl Zeiss

B.V. Chikkaveeraiah et al., Electrochemical Immunosensors for Detection of Cancer Protein Biomarkers, ACS Nano 2012, 6, 8, 6546-6561

J.M. Fernandez-Hernandez et al., Photophysics and Electrochemiluminescence of Bright Cyclometalated Ir(III) Complexes in Aqueous Solutions, Anal. Chem. 2016, 88, 8, 4174-4178

A scientific review of dual-energy and spectral computed tomography imaging (c) 2018 Koninklijke Philips◆従来は高低のエネルギー値でX線画像を2回撮影していたが、2枚構造のシンチレータパネルを使って、一度に2つのエネルギー画像を撮影できる。

Parmee et al., X-ray generation using carbon nanotubes, Nano Convergence 2:1 (2015) DOI 10.1186/s40580-014-0034-2

日立製作所他 (2014) 誤差5%以内で金属の実効原子番号を測定するX線イメージング法を開発, 高エネルギー加速器研究機構 ニュースルーム2014年1月9日

AR Boccaccinia, J Cho, JA Roether, BJC Thomas, EJ Minay, MSP Shaffer, Electrophoretic deposition of carbon nanotubes, Carbon 44:15 3149-3160 (2006) DOI 10.1016/j.carbon.2006.06.021◆電気泳動でカーボンナノチューブを垂直に立てた面をつくる。Field emmition display

Guohua Cao, Jian Zhang, Otto Zhou, Jianping Lu, Temporal multiplexing radiography for dynamic x-ray imaging, Rev Sci Instrum. 2009 Sep; 80(9): 093902 (2009)◆カーボンナノチューブからX線を照射。時間をフレームに分けて1,0の行列パターンで照射する(multiplexing)。逆行列をかけて復元(demultiplexing)

Jinyang Liang, Liren Zhu & Lihong V. Wang, Single-shot real-time femtosecond imaging of temporal focusing, Light: Science & Applications volume 7, Article number: 42 (2018) , doi: 10.1063/1.3215939◆パルス光が走る様子を撮影したという記事から芋づる式に探してきて読んでみた。光を使って光速で走る光を撮影できるのかと一瞬不思議に思える。でも光速も有限だから、光が一定距離進む時間内に何回かシャッターを切ることができると、光が進む姿を撮影できる。ここでは分光し、一方で時間情報、もう一方で位置情報を記録し、後から計算して映像を合成しているらしい。

2020.09

◆◆◆